平成27年10月から白岡でも社会保障・税番号制度(マイナンバー)はじまる

平成27年10月、市民全員にマイナンバーが通知される。マイナンバーとは社会保障・税番号制度の個人番号のことで、住民票を有する市民全員に12桁の番号が発行されるもの。

これにより社会保障、税、災害対策の分野における個人情報がマイナンバーでヒモづけられ、行政効率が向上することが期待されている。

まず、平成27年10月に「通知カード」でマイナンバーが通知され、その後に市区町村に申請すれば平成28年1月以降に「個人番号カード」の交付を受けることができる。

「個人番号カード」は、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー、本人の写真が記載・表示され、身分証明書として利用できるほか、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いてe-Taxをはじめとした各種電子申請が行え、図書館利用証や印鑑登録証など各自治体が条例で定めるサービスにも使用できる。

マイナンバーとは、国家による国民のID管理ですね。しばらくすれば医療にも適応されるのでしょうが、やるからには行政、医療の生産性が上がることを期待したいですね。

 社会保障・税番号制度が始まります|白岡市
 http://www.city.shiraoka.lg.jp/7274.htm

関連記事

  1. 白岡市図書館
  2. 白岡駅と新白岡駅(左)

コメントをお待ちしております

カテゴリー

アーカイブ

白岡のブログ