水害の教訓刻む水塚、白岡にも現存

埼葛・北埼玉の水塚|宮代町より

埼葛・北埼玉の水塚|宮代町より

白岡にも、水害時の避難場所として築かれた水塚(みづか)が現存していることが明らかとなった。

埼玉県東部教育事務所管内15市町の文化財担当者会が管内の水塚を調査し、その結果を報告書「埼葛・北埼玉の水塚」にまとめ、その中で白岡にも水塚が現存していることが明らかにされている。

調査結果の巡回展は10月から始まるとのこと。

また「埼葛・北埼玉の水塚」は宮代町郷土資料館で2,500円で頒布しているとのこと。

白岡で生活するならば、ハザードマップと共にこの辺の情報も抑えておきたいですね。

参考:
 埼玉)水害の教訓刻む水塚、県東部に1千カ所現存
 朝日新聞DIGITAL
 http://www.asahi.com/articles/ASG8T5371G8TUTNB01X.html

関連記事

  1. 白岡高校
  2. 選挙ポスター

コメントをお待ちしております

カテゴリー

アーカイブ

白岡のブログ